取引で勝ちやすい時間帯

勝てるバイナリーの投資術

取引で勝ちやすい時間帯

「ディーラー殺すにゃ刃物はいらぬ。動かぬ相場があればいい。」とは昔からよく言われる相場用語です。つまり、上下どちらへもトレンドが発生せず、取引のきっかけが掴めない相場ほど困ったものはないという意味ですね。

バイナリーオプションでもこれは当てはまります。やはり相場は動いてナンボ。トレーダーとしては相場が動きやすい時間帯とそうでない時間帯をよく見極めなければならないわけです。

例えば最も相場が動かない時間帯としては日本時間の月曜日日中が挙げられます。この時間帯は欧州やアメリカは日曜日の深夜にあたりますから市場関係者はほとんどが休んでいます。よほど大きな事件やニュースが発生しない限り、相場に参加している大手の海外ディーラーはいないというわけです。

では、逆に相場が動きやすくトレンドが発生しやすい時間帯、つまり勝つことが比較的容易なのはいつでしょうか。「相場は夜動く」と言われます。つまり夜中、欧州やアメリカの日中という意味です。

この時間帯には欧米各国の要人発言や経済指標がたくさん公開されます。為替市場に大きな影響を与えるこれらのイベントは相場に変化とトレンドを与えてくれるのです。本格的に勝てる取引を繰り返すなら、夜中が本番となるのです。