売買状況の情報から予想するストキャスティクス

勝てるバイナリーの投資術

売買状況の情報から予想するストキャスティクス

様々な売買状況の情報を見る、ストキャスティクスのテクニカル分析

売買の力を確認できるストキャスティクス

ストキャスティクスは語感が何となく言い難いですがオシレーター系列のテクニカル分析であり、チャート上では値動きとは別のところに0から100の範囲が表示されて、その中を%K、%D、Slow%Dの3本の線が表示されるものです。場所によっては名称が違っており%KはーK、%DはーFast、Slow%DはーSlowと称されることがあります。この名称時点で既に分かり難い人もいるかと思いますが、このストキャスティクスで見れるのは売買の力であり、80以上であれば買われ過ぎ、20以下であれば売られ過ぎと判断できます

より正確な予想ができるクロスも確認可能

もちろんここまで見れば分かると思いますがこれはRSIと同じであり、そのため売買の力だけを見るのであればシンプルなRSIの方を使う方が遥かにいいです。しかし3本の線があるだけにただ売買の力だけを示しているだけでなく、クロスで取引のタイミングを示すものにもなっておりストキャスティクスを攻略で利用する場合はこちらも活用する必要があります。

ストキャスティクスの基本的な使い方とポイント

基本的に使う場合には%Kで売買の強さを分析してRSIと同じように80以上は買われ過ぎ、20以下は売られ過ぎとなるためそこを目安に逆張りをしていくことになります。もちろん逆張りであるためトレンド相場では効果を発揮することがないためトレンドかどうかをトレンド系列のテクニカル分析で確認することにしましょう。

他の%DとSlow%Dはクロスとして利用し、%DがSlow%Dを突き抜けたらクロスが発生したと判断できゴールデンクロスとデッドクロスに関しては移動平均線と変わっていません。しかし相場の値動きとは別のところでクロスが出るため、トレンドがそのクロスとは反対の方向に行っている場合にはクロス自体が機能しない場合もあります。相場の方の動きも見てクロスが機能しているかどうかを判断しましょう

またRSIと同じということもあってダイバージェンスの現象も同じように発生することがあり、こちらは%Kが逆行をしているかどうかを分析して判断をすることができます。ダイバージェンスの信頼性は変わっていないためこれが発生したら取引のチャンスとして順張りを狙うといいでしょう。

しかしここまで見ていけば分かるように結構面倒なテクニカル分析ではあるためバイナリーオプションの攻略でテクニカル分析を利用するのであればわざわざこれを選ばず別のを活用した方がいいかもしれません。最も何が合うかはその人次第であるため実際に触れてみて「合わない」感じたら他のテクニカル分析を利用するようにするといいでしょう。