バイナリーオプションはローソク足を見て攻略

勝てるバイナリーの投資術

バイナリーオプションはローソク足を見て攻略

バイナリーオプションはローソク足を見て攻略

バイナリーオプションの取引を分析するには何が必要

バイナリーオプションは投資の中では簡単に取引できる種類ではありますがそれでも適切な取引ができなければ利益は出せないという簡単でも投資であるという本質は変わりません。基本的にバイナリーオプションで取引するのであれば海外の業者を選ぶことになると思いますが、海外業者はテクニカル指標が使えるチャートを実装していないところも多く中にはローソク足だけでしか流れを見ることができない業者も存在します

そのため相場の分析をするのであれば自前でチャートのツールを用意する必要が出てきますが、実はローソク足を利用するだけでも取引をしていくことは可能であり、ローソク足だけでしか見ることが出来ないところでもそれで分析して取引していくことができるのです。

相場の動きをチェックするローソク足

ローソク足はチャート上において相場の時間帯ごとの値動きを表す存在であり四角い物体の実体は始値と終値、一本の線であるヒゲは高値と安値を指しており更に実体は陽線と陰線があって、陽線は前のローソク足よりも上昇傾向、陰線は逆に下降傾向であることを示します。まずは簡単なところとしてこの陽線と陰線がポイントであり、その性質の関係上チャート上においてどちらの比率が多いかで今の相場が上昇傾向か下降傾向かを理解することができます

もちろん外部からの情報で大きな変動があった時はその限りではありませんが、それもなく流れが一定の場合には実体の陽線と陰線で傾向の判断をするといいでしょう。

ローソク足の形から相場の動きを判断することも可能

流れの予想を判断するのであればローソク足の形を見るのがポイントであり、ヒゲがなく実体だけの状態は丸坊主と呼ばれるものでありこの場合には実体の種類に応じた方向に流れる傾向があり陽線であれば上、陰線であれば下に行くと判断できバイナリーオプションに関しては短時間で取引が終わるルールにおいて取引のタイミングとなるでしょう。

逆にヒゲが異様に長い場合はその方向に反発することが多いため反対側に行きやすいと予想ができ短時間でそうでなくても反対側と取引で予想することができます。最もこれらは絶対ではなく相場の流れによっては法則通りにならないこともあるため、事前のローソク足がどう動いてきたかも確認して判断しましょう

複数のローソク足から相場を判断

一本だけでなく複数の状態から流れを予想することも可能であり、時たまローソク足とローソク足の間には空間ができることがありこれは窓と呼ばれるもので相場においてはこの窓を埋めようと動く傾向が多いです。他にはローソク足がもう一方のローソク足を包んだり、包まれたりする状態となると相場が反転して反対側へと流れやすい合図となります。他にもローソク足による法則は様々であるため、ローソク足を極めようと考える場合には学習していくといいでしょうる